2017年01月31日

14団合同BS隊集会―雪中ハイク

平成29年1月29日

14団との合同隊集会にて、城山三角点を目指し雪中ハイクに挑戦した。
前回、自分で作った"かんじき"の性能を試す機会となった。
開会セレモニーで梶川隊長より、教科書の知識よりも、まず実践することの大切さを教えて頂いた
20170129-02.jpg 
まずは、かんじきの履き方(長靴が抜けない縛り方)を習い、履いてみた👣
20170129-03.jpg

二上まなび交流館 11時 出発
20170129-04.jpg 20170129-05.jpg

城山頂上 12時 到着
庄川の扇状地と白山
20170129-06.jpg 20170129-07.jpg 20170129-08.jpg
城山三角点 標高259m にて
20170129-20.jpg 20170129-19.jpg
雪道の様子
20170129-11.jpg 20170129-12.jpg 20170129-13.jpg 20170129-15.jpg 20170129-14.jpg

日の当たる場所では雪のないところもあったが、積雪はだいたい10〜30p程度であった。
1月にもかかわらず比較的気温が高く、雪山の道を歩いたので、全員汗だくになった。
20170129-16.jpg 20170129-17.jpg

二上まなび交流館 14時45分 到着
往路2.2q 復路2.3q

塩ビ製のかんじきは雪のある所はもちろん沈まずに歩くことができた。雪のないところでも、適度に塩ビパイプがしなることで、脚の負担を軽減してくれた。里山を歩くには充分な強度があり、使いやすいことが分かった。

posted by カブ副長 at 20:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイスカウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

14団合同BS隊集会‐かんじき作り

平成29年1月22日

14団と合同の隊集会にて、次回の雪中ハイクのための「かんじき」を作った。
材料は配管に使われる塩ビ(ポリ塩化ビニルPVC)ハイプを使用した。
塩ビは汎用性高分子樹脂(プラスチック)の一つで、耐薬品性、耐候性、電気絶縁性、柔軟性、熱可塑性などの性質があり、安価で加工しやすい。
今回のかんじき作りは、塩ビの熱可塑性を利用し、加工、組み立てをした。まず、塩ビパイプを必要な長さにカットして、バーナーの熱でパイプを柔らかくした。
20170122-01.jpg 20170122-02.jpg
柔らかくなった塩ビパイプを素早く型に合わせて曲げ、すぐに冷やし固まらせた。冷却が不十分だと元に戻ってしまうので、充分冷やす必要がある。接着剤でパイプ同士をくっつけ、かんじきの骨組みを作った。
20170122-03.jpg 20170122-04.jpg 20170122-05.jpg 20170122-06.jpg
これに靴を固定するための紐を結んでつけ、かんじき完成である。

次回、この自作かんじきを履いて、雪中ハイクに挑戦しよう!

posted by カブ副長 at 22:58| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイスカウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

初顔合わせと初詣

平成29年1月8日

カブスカウト・ボーイスカウト・ベンチャースカウトと指導者らが
射水神社にて安全祈願をして参りました。

お参りを済ませてから、スカウト達は恋みくじ”をひくのが恒例になっています。
今年はどんな年になりますでしょうか。。。楽しみです!
射水神社を後にして、皆でうどんを美味しくいただきました。

今年も11団が調和を大切に、楽しく活動ができますように。
それぞれの目標に向かって、切磋琢磨して欲しいと思います。
posted by カブ副長 at 22:20| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする